日本で手術を受けていた内田篤人にヘルト氏は「我々の医師の助言は違うものだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CHIXbRpU0AAwY5T

シャルケは内田篤人が日本で右膝の手術を行っていたことをクラブの公式SNSや公式サイトで伝えた。シャルケのスポーツディレクター(SD)を務めるホルスト・ヘルト氏は内田の判断について以下のように質問に答えている。

【ホルスト・ヘルト氏コメント】

内田篤人は日本に帰り、そこで長引いている膝蓋腱の怪我を治すために手術を受けた。だが、我々の医師の助言は違うものだった。この怪我は保存療法で治していくのが賢明だと我々は確信していた。

篤人が何度も診察にかかっていたドイツ代表医師のDr.ミュラー=ヴォールファールトも、我々と同じ意見だった。しかし、彼は違う決断を下した。彼には自由に医師を決める権利がある。最初の6週間は日本でリハビリを行い、それから彼はドイツに帰って来る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加