【動画】長友 指揮官からの指示は「攻撃してほしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2014/11/24 SOCCER KING

セリエA第12節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、日本代表MF本田圭佑が所属するミランと対戦し、1-1で引き分けた。フル出場した長友が同試合についてコメントしている。

ロベルト・マンチーニ新監督の初陣となった“ミラノ・ダービー”を振り返り、長友は「けがをしてサッカーができない時期に学んだ部分もありました。今日は楽しんでプレーしようと心がけていたので、気持ちよかったです」と述べた。

高い位置でプレーしていたことについては「どんどん攻撃してほしいと言われています」と語り、マンチーニ監督から指示を受けていたことを明かした。その一方で「エル・シャーラウィとかもいたので、カウンターがかなり気になっていた部分もありました。そこは気をつけないといけないです。しっかり守備をして攻撃をする、という意識でやっていきたいです」と話した。

さらに、長友は自身のコンディションに言及。「体調はどんどん良くなってきています」と主張。また、「けがから復帰した時に精神面はすっきりしていました。これからいいスタートが切れるなと感じています」と述べ、心身ともに良い状態になっていることを強調していた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク