【動画】なでしこが岩渕の決勝ゴールで準決勝進出!「少しでも貢献できてうれしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CIjLe0jWsAAg0Xm

女子W杯カナダ大会の準々決勝が27日に行われ、途中出場の岩渕真奈の決勝ゴールでなでしこJAPANがオーストラリアを1−0で下し、準決勝進出を果たしている。

【佐々木則夫監督:試合後コメント】

よく選手も頑張ってボールを動かしながら粘り強く最後は仕留めることができた。本当に日本の皆さんに朝早くから応援していただいたパワーが届いたのだと思います。根気強いなでしこジャパンのサッカーが実を結んだんだと思う。よく頑張りました選手たち。目の前の相手を射止めて、何とかファイナルに皆様とともに行きたいと思います。

【岩渕真奈:試合後コメント】

素直にうれしいです。時間がない状況だったので、とにかく点だと思って入って、みんなが頑張ってくれた90分間だったので、少しでも貢献できてうれしい。なでしこでまだゴールが少ないんですけど、こうやってまた大事なところで決められる選手になりたいなと思います。

【宮間あや:試合後コメント】

途中から気持ちが強い方が勝つと試合だと思っていた。そこは絶対負けない自信があった。みんなたくましいです。頼れる選手たちです。(決勝点は)CKはよく取れていたので、チャンスは感じていたので、なんとなく入る気がしていました。(次戦に向けて)ここまで来たら今日のような試合になる。気持ちの強い方が勝つ。ワールドカップを獲りに来ているので、もう一度気を引き締めなおしてやっていきたい。もう1回、一番上に立ってからがスタートラインだと思っています。

【大野忍:試合後コメント】

みんなが最後まで信じて戦った結果だと思います。最後までみんながあきらめないで戦った結果がああいうふうなかたちで終わったので良かったと思う。(課題は)フィニッシュのところ。最後までひとつになって戦っていきたい。

【宇津木瑠美:試合後コメント】

厳しい試合でした。最後は気持ちしかなかった。試合前も試合中も宮間選手からも言われてきた。(MVPについては)他の10人がやってくれたことで、たまたまボランチの自分がボールを獲ることろで目立っただけです。(準決勝に向け)体と心をクリアにしてもう1回集中していきたい。

【試合ハイライト動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加