ヘルタの細貝萌が移籍を検討!指揮官「萌はヘルタのベストなボランチではなくなった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CIviX8SWgAAmxid

ドイツ・キッカー紙はヘルタ・ベルリンに所属する細貝萌が移籍を検討していると報じている。現在キャンプ中のヘルタは新シーズンに向けての補強も進めており、細貝の主戦場であるボランチにも新戦力のダリダを獲得した。

昨シーズンの途中にダルダイ監督が就任すると、ボランチとして出場を続けていた細貝の出場機会が激減。シーズン後半はケガに苦しめられたこともあったが、同監督就任以降は、わずか3試合の出場にとどまっている。

ダルダイ監督は就任当初から「萌が来た時は、彼はヘルタでベストのボランチだった。しかし何かが起こり、(細貝の起用が)ベストな選択ではなくなったんだ。」とコメントしている。

このことからキッカー紙は「細貝とその代理人クロート氏は、クラブの首脳陣に対して移籍がベストの答えである可能性はないかと提言した。」と伝え、すでにチームメートにも移籍の意思を話しているとしている。

細貝とヘルタとの契約は2017年までとなっているが、ダリダの獲得により細貝が主力として活躍するチャンスはほぼなくなったと考えているようだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加