【動画】岡崎慎司の同僚バーディーがカジノで「ジャップ」連発!英紙「サン」が映像を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000035-goal-socc

レスター・シティFWジェイミー・バーディーが、人種差別発言を謝罪した。

日本代表FW岡崎慎司とチームメートのバーディーは先月末、レスター市内のカジノでアジア系と思われるほかの客に対して、日本人に対する差別用語として使われる「ジャップ」を連呼するなどしてののしった。その模様を『サン』が映像で紹介し、問題視されている。

バーディーは自身の行為が間違いだったことを認めている。同選手の謝罪のコメントを、イギリス『BBC』などが伝えた。

「自分が起こしたことを心から謝罪したい。完全に誤った残念な行為であり、全責任は私にある」

レスターのスポークスマンは、バーディーの行為について調査をするとした。

「我々はピッチの内外で、最も高いスタンダードを自分たちの選手に要求している。そして、模範となってもらいたい。我々は即座に事件の調査を開始する。これが終わるまで、この件についてこれ以上のコメントはない」

8日のプレミアリーグ開幕戦では、岡崎とともに先発してゴールも決めていたバーディー。攻撃陣はすでに良い連係を見せていただけに、本人が気持ちを入れ替えて取り組むことに期待したい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加