【タッチ集動画】オッド戦2ゴールの香川真司に独紙も高評価「目に見えて調子を上げてきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

27日に行われたヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグでオッドと対戦したドルトムントは、ロイスのハットトリックや香川真司の2ゴールなどで快勝した。

ファーストレグをアウェーで0−3から4ゴールを奪い、4−3と逆転勝利。この試合でも得点力を発揮したドルトムントは7ゴールを奪い7−2で勝利。2戦合計11−5でヨーロッパリーグ本戦への出場を決めている。

トップ下でフル出場を果たした香川は、40分にチーム4点目となるゴールを決めると、試合終了間際の90分にもゴールを奪い、チームの勝利に大きく貢献した。2ゴールの活躍をみせた香川に独紙も高評価を与えている。

【香川真司:採点・寸評】

Westdeutsche Allgemeine 採点:2
寸評:広いスペースを許す相手に対し、多くの見せ場を作った。マルセル・シュメルツァーへの見事なパスでドルトムント最初のビッグチャンスを演出。40分にはチーム4点目を、また、終了間際には無人のゴールに7点目を決めた。しかし、香川にとってシュートは弱点のままで、好機から絶好機と言えるものまで、チャンスを決めきれないことがあった。

Ruhr Nachrichten 採点:2.5
寸評:やや低調なシーズンスタートから、香川も目に見えて調子を上げてきた。インゴルシュタット戦からのいい流れをオッドとの一戦でもキープし、得点者リストに2度名前を書き込んだ。いい試合をした。

【香川真司タッチ集動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク