【タッチ集動画】途中出場で流れ変えたレスター岡崎慎司!PK獲得の起点で勝ち点1に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

プレミアリーグ第4節が29日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターはアウェーでボーンマスと対戦。試合は1−1の引き分けに終わっている。

ベンチスタートとなった岡崎は、1点ビハインドの後半開始から出場。バーディーと岡崎の2トップ、4−4−2に戻したレスターは前線から積極的にプレッシャーをかけに行くがゴールを奪えないまま試合終盤に突入すると、85分に同点に追いつく。

ハーフェーライン付近で岡崎がボールを奪うと、カンテからボールを受けたバーディーがドリブルでエリア内へ侵入。突破を試みた際にDFに倒されPKを獲得。自身が得たPKを確実に決め同点とし、1−1で試合を終えた。

2試合連続で引き分けとなったレスターだが、開幕からの無敗記録は継続している。次節は代表ウィーク明けの9月14日にアストン・ビラと対戦する。

スポンサーリンク

【岡崎慎司タッチ集動画】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加