【動画】途中出場で失点に絡んだ長友佑都に伊紙が厳しい評価「入ってすぐに倒された」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

インテルの日本代表DF長友佑都は30日、第2節でセリエBから昇格したカルピとのアウェーゲームで、開幕2戦目にして今季公式戦で初めて途中出場のチャンスをつかんだ。試合は2−1と勝利を収めたが、失点の場面に絡み、イタリア地元紙で最低点の厳しい評価を受けている。

去就問題に揺れていた長友はついに公式戦で出番を手にした。マンチーニ監督は1−0とリードして試合終盤を迎え、後半34分に長友を右サイドバックに投入。逃げ切りを計ったが、わずか2分後に指揮官の期待を裏切った。

インテルの左サイドから放たれたグラウンダーのクロスに対し、長友はボールウオッチャー になってしまった。自らのマーカーに前のスペースに入られると、シュートを決められてしまった。試合終了間際にFWステファン・ヨベティッチが決勝点を沈めて事なきを得たものの、勝ち点3を逃す危機的状況を招いた。

地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は5点と敵地で勝った試合では厳しい評価となっている。しかも、通常なら評価なしとなる出場時間の短さだが、チーム最低点タイとなっている。

「守備が甘くなる。ディ・ガウディオの背後にいた。それはミスだ。入ってすぐに倒された」寸評では失点の場面の対応を批判されている。

コリエレ・デロ・スポルト紙もトゥット・スポルト紙も5点と低評価。トゥット紙は「ディ・ガウディオのゴールを抑えきれなかった」と指摘している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150831-00010015-soccermzw-socc

【長友佑都タッチ集動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加